File Buddy とは何か?
File Buddy あなたのハードドライブ上の膨大な数のファイルやフォルダを管理するためのツールボックスです。File Buddy ができることを完全にリストアップできませんが、次のことは素早く簡単にできます:

情報
情報ウインドウで広範囲のファイルやフォルダ情報を編集することができます。ドロップレットを作成するとよく使用する操作を自動化できます。
フォルダやボリューム内のファイルとフォルダ数を確認できます。
ファイルビューアーで多数のファイルの内容を素早く簡単に表示させることができます。
1項目だけでも1000項目以降でも、ファイルやフォルダの属性を即座に修正できます。

お掃除
重複ファイルやフォルダの検索
使用していない言語リソースを削除して、何百メガバイトのディスクスペースを使えるようにできます。
空のファイルやフォルダ、迷子ファイル、重複ファイル、壊れたエイリアス、未使用初期設定ファイルなどの検索
ファイルやフォルダの除去や、削除されたファイルの復帰を防ぐために未使用ディスク領域を除去できます。
ファイルのデータやリソースフォークを削除することができます。カスタムアイコンやカスタムフォルダアイコンファイルも削除できます。
フォルダ内の .DS_Store ファイルなどのファイルを名前によって削除できます。
Mac OS X のランチサービスデータベースの再構築

一般的なファイル管理
ファイルの名称変更、連続の名称変更、日付の名称変更などができます。名称変更操作を自動化させるためにドロップレットアプリケーションを簡単に作成できます。
オーナー、グループ、正式表現などの細かい条件によってファイルやフォルダを検索することができます。検索された項目に広範囲のアクションを適用することができます。
File Buddy の管理者モードで通常にアクセスすることができないファイルやフォルダを操作することができます。
クリップボード内の画像、グラフィックファイル、PDF ファイル、.icns ファイル、既存在しているファインダーアイコンなどでカスタムアイコンを作成することができます。アイコンファミリービューアーでアイコンファミリーを完全に表示させることができます。カスタムアイコンを .icns ファイルへ書き出すことができます。
エイリアスやシンボリックリンクを簡単に作成できます。壊れたエイリアスの検索と修正もできます。
不可視ファイルの検索、複製、移動、削除などができます。
よく使われるフォルダの中身の一覧を素早く表示させることができます。
ファイルの移動、削除、コピーなどができます。不可視ファイルを複製できます。ファインダー上で使用できないオプションを使用して項目を複製することができます。
スナップショットを作成して、フォルダやディスク上の変更部分(例:インストーラアプリケーションによってインストールされた項目など)を確認できます。スナップショットの比較機能を使用して、アプリケーションをアンインストールすることができます。

使い勝手の良さ
よく使う操作を自動化するためにドロップレットアプリケーションの簡単作成
File Buddy 内のコンテクストメニューによって操作をワンステップで実行できます。
設定可能なコンテクストメニュープラグインによって File Buddy のアクションをファインダーの選択項目に素早く適用させることができます。
よく使う操作を再実行するために各ウインドウの設定を保存することができます。

File Buddy 9 は私の Mac 上で使用できますか?
File Buddy 9 を使用するために Mac OS 10.3.9 以降が必要です。Mac OS 9 や Mac OS X 10.1‾10.2.8 上で File Buddy 7 を使用することができます。

パッケージに何が含まれていますか?
File Buddy 9 の基本的なパッケージに次の項目が含まれています:
File Buddy アプリケーション、アップルヘルプビューアー用のオンラインヘルプ(File Buddy 9 のためのアップデートの一部は未完成です)、File Buddy のコンテクストメニュープラグイン
リリースノート、バージョン歴、お問い合わせ先などのリードミーファイル

Since 1993

サポート | お問い合わせ

© 2007 SkyTag Software, Inc. All rights reserved.
変更日:2007年3月5日